新しく環境を設定する
新しく環境を設定する

新しく環境を設定する

LSC Managerを利用してLSCの環境を作成する流れを説明します。

💡

AWSのアカウントやLINEのチャネルなどは事前に作成した上で、下記の手順で環境の設定を行なってください。詳しい手順は こちら をご確認ください。

ログインする

ログイン画面でメールアドレスとパスワードを入力します。

image

システムの設定を行う

AWSの設定

  • 各欄に入力して保存します。
    • 名前
    • aws_access_key_id
    • aws_secret_access_key
    • image

Gitの設定(Github)

  • 独自のリポジトリを使用する際に必要な設定です。各欄に入力して保存します。
    • リポジトリURL
    • 秘密鍵
    • image

環境管理で環境を追加する

環境追加ボタン

  • ガイドに従って、環境名、IAM、ドメインを設定して、環境を作成します。
  • image

  • 作成した環境が環境管理の一覧に追加されます。
  • image

環境の詳細を設定する

  • 環境の詳細ボタンをクリックして詳細画面を開き、各種設定を行います。
  • image

デプロイを行う

  • 環境設定で以下の項目を設定します。
    • AWS
    • LINE本番
    • LINEサンドボックス
    • 帳票LIFF
    • 帳票LINEログイン
    • メールセグメント配信
    • メール損傷報告
image
  • DEPLOYボタンをクリックしてデプロイするLSCのバージョンを選択します。独自のGitリポジトリを設定している場合は、右のモーダルが表示されるので必要な設定を行います。 設定後開始ボタンをクリックするとデプロイが開始します。
通常時
通常時
独自のGitリポジトリを設定している場合
独自のGitリポジトリを設定している場合

LSCのユーザーを作成する

  • 環境設定のユーザーのページでユーザー作成ボタンから以下を設定し、LSCユーザーを作成します。
    • ユーザー名
    • メールアドレス
    • パスワード
    • image

LSCを開く

  • 状態が「デプロイ完了」であることを確認し、右上のLSCを開くボタンをクリックするとLSCのログイン画面が表示されます。
  • image